小児科クリニックで働く前にどんな事を勉強しておけば良いですか?小児科で良く見る疾患について教えて。

看護師は女性が中心という事もあって、小児科で働きたいと思っている方がとても多いですよね。
小児科は、子供が好きな方にとってはとても働きやすいと思いますよ。
それに、小児科の知識を得る事で、将来自分の子供が出来た時に、子育てにも役立てる事ができます。
でも、小児科病棟で働くとなると、重症度が高い子供が沢山入院しているので、精神的に辛いと思うんですよね。
でも、小児科クリニックであれば、重症度が高い子供を診察する事はほとんどありませんから、
精神的な負担は少ないと思いますね。(^_^)

 

小児科クリニックでは、通常の診察の他に乳児健診や予防接種なども行なっています。
身体計測をしたり、乳児の疾患や成長についてのアドバイスをしたりしています。
お母さん達にしっかりとしたアドバイスができるように、子供の年齢によっての特徴などを理解しておくと、
仕事がやりやすいですよ。
そして、子供の予防摂取について理解しておく必要もありますね。
そして、レントゲン検査、尿検査、血液検査などの介助も看護師の仕事です。
検査内容や、検査が必要な疾患についての知識も必要ですね。
小児科クリニックに来る患者さんで一番多いのは、インフルエンザなどの感染症ですよね。
特に冬場は、風邪を始めとして、インフルエンザや感染症胃腸炎などが流行るので、毎日大混雑するんです。><
その他、アトピーや喘息、熱性痙攣など、小児疾患についての知識や注意事項を把握しておいたほうがいいと思います。
覚える事は沢山あるかもしれませんが、クリニックでは高度な医療技術を必要とする事はないので、
難しくはないと思いますね。
しっかりと覚えておけば、普段の生活で役に立てる事ができますよ。(^_=j