5人のヘルパーに月に150万使っていた患者さんがいました。元大企業の社長だったかたです。介護にも格差が大きくなってますね・・・。

在宅で介護を受けながら入退院を繰り返している患者さんって結構いるんですが、最近は介護にも格差が大きくなっているなぁって感じるんですよね(´・Д・)」

 

在宅で介護するって、やはり負担が大きく、家族も苦労している家庭が多いですよね。

 

在宅で介護するには、何かとお金がかかります。

 

介護用品を買い揃えたり、消耗品のオムツなども毎月結構な出費です(;´Д`A

 

また、医療費も負担がかかりますし、高度な医療を必要とする患者さんの場合は医療費も負担が大きいですよね。

 

また、介護サービスを受けるにしても、介護保険を利用する場合、限度がありますから、それ以上のサービスを受けたい場合は自己負担となってしまいます。

 

介護保険適用であれば一割で済むものも、全額自己負担となれば金額も相当なものです(・_・;

 

だから、介護をしている家族は、自分が犠牲になっても、利用できる範囲内の介護サービスを利用し、あとは自分たちでなんとかしようと頑張っています(´・Д・)」

 

お金さえあればなんとかなるといっても、働きに出るには、その分介護サービスを利用しなくてはならないから、その出費が増えますし、家族も悩みどころですね。

 

しかし、中にはお金に糸目はつけずに、大金をはたいて介護サービスを利用している患者さんもいます。

 

うちの病院に入退院を繰り返している元大企業の社長さんは、月に150万もかけて介護サービスを受けているんですって(゚o゚;;

 

150万なんて、とても一般の人たちが払える額ではありませんよね。

 

その元大企業の社長さんは、あらゆる介護サービスを受けています。

 

ヘルパーさんを5人も雇っているから、介護を受けながらも、自分の趣味を行ったり、外出も全てタクシーでヘルパー付きです。

 

介護が必要な体になっても、そんなに悠々自適な生活が送れるなんて羨ましいですねf^_^;

 

介護にも、お金に余裕のある人と、そうではない人の間に大きな格差を感じますね…( ;´Д`)